INTERVIEW-04

施工管理

大口 信之介

長北工務店に入社したきっかけを教えてください。

前職では、別の建設会社で一人大工として仕事をしていました。もう一回ゼロからやってみようかなと思うようになり、長北工務店に入社。大工からはじまり、長い歴史があったことが決め手になりました。
入社後、大工ではなく施工管理を任されることに。大工としての経験から現場の様々なことは理解していたので、前職の経験も役に立ちました。

お仕事の内容ややりがいを教えてください。

施工管理は現場を監督する責任者です。関わる様々な業者さんとの連絡や調整をしたり、工程管理をしたり。現場の状況に合わせて何度も工程を見直し、つくり直すことが、仕事がうまくいくポイントだと感じています。
担当現場の責任はすべて自分にあるので、責任の大きな仕事です。その分、現場がうまく進行できた時にはやっぱり気持ちいいですし、家が完成して「イメージ通りです!」とお客様に喜んでもらえることは嬉しいですね。

お仕事をする上で大切にしていることはなんですか?

いつも前向きに、良い意味で“楽観主義”でいることです。
工期がギリギリになったり、ミスが起きたり、うまくいかないことはもちろんあります。
そんな時に責任者の自分が落ち込んでいては現場が滞ってしまいますし、うまくいきませんから。
それと、関係者としっかりと話をすることも大切にしています。長北工務店の家づくりに関わる人は、言いづらいことでも話をすればわかってくれる人ばかりです。気持ちを一つにすることで、何かあっても「なんとかしようぜ」と一緒に乗り越えられています。

これから入社される方へメッセージをお願いします。

新しいことへのチャレンジが好きな人と、一緒に仕事がしたいですね。
変化の激しい時代のなかで、私たちもこれからの家づくりを考え、変化しようとしています。一方で、すでに長北工務店で働いている私たちでは気づけないこともたくさんあると思っています。そこに変化をもたらしてくれると嬉しいですね。
もちろん、仕事で必要なサポートはしていきたいと思っています。