INTERVIEW-03

設計

増田 静生

長北工務店に入社したきっかけを教えてください。

元々住宅関連の仕事をしていましたが、住宅の設計がしたいと長北工務店に入社しました。
ただ、入社を決めた一番の理由は「人のよさ」ですね。面接の時から年齢や立場に関係なく接してくれる会社だと感じましたし、入社後もその印象は変わっていません。
お客様にも社員同士でも変わらず丁寧に接することのできる、「人の魅力」が長北工務店の魅力だと思います。

お仕事の内容ややりがいを教えてください。

営業から受け取ったプランをもとに図面を描いて提案し、一緒に家づくりを進めます。
設計に必要な法的調査や書類作成、補助金対応なども行います。お客様の要望や予算、配置や動線や方角など考慮するべきことはたくさん。実際に図面を描いている時間よりも、考えている時間の方が長いですね。設計士として、考えた家が実際に形になることは嬉しいです。もちろん自分だけでなく、お客様や営業の方と一緒に考えて設計をしていきますし、お客様の意見から学ぶこともたくさんあります。
住宅はお客様にとって大きな買い物。お客様の人生に関われることは、嬉しく貴重なことだと感じます。

お仕事をする上で大切にしていることはなんですか?

まずは、きちんと法律に則って家を建てることが基本です。その上で「もし自分が住んだらどう感じるか」を考えています。自分が住んで居心地の悪い家を、お客様に提案することはできません。自分のなかで納得したプランをお客様に提案することは大切にしています。

これから入社される方へメッセージをお願いします。

私は、これからの「長北工務店らしい家」を、自分なりに見つけたいと思っています。家をみたら「長北工務店が建てた家だね」とわかってもらえるような、長北工務店にしかできない家。それを設計士としてつくっていきたいです。
今までの長北工務店が積み上げてきたことを大切にしながら、これからの長北工務店一緒につくる。それが一緒にできたら嬉しいです。